八王子市七国4−9−10
п@042−686−0067
     小林内科クリニック 本文へジャンプ
にんにく注射 ビタミン・ミネラル点滴 アミノ酸BCAA点滴 高濃度ビタミンC点滴 グルタチオン点滴
【ここは自費診療のページです】
より良く、より明るく生きるための提案です。

自費診療では保険に縛られること無く
薬の種類・用法・用量を決定することが
可能です。
自費診療

【ご注意】
これらの治療法は、すでに国内・海外では効果が認められているものの、国内で臨床治験が行われないため健康保険の適用が得られないもの、適用があっても少量ずつしか健康保険では認められないもの、効果に個人差が大きいものなど、隠れた逸品的な治療法です。
医師の標準的教科書には載っていない内容なので否定的な見解をもつドクターも少なくありません。

当院では国内・海外の文献検索と、すでに実施している医療機関からの実績報告ならびに院長自身が防衛省在職中に研究してきたアスリート隊員や戦闘機パイロットの運動能力向上に関する運動生理学理論に基づいて、効果ありと判断したもののみを紹介し、提供いたします。内容は常に最新の知見に基づいて見直し、改良を行なっています。




にんにく注射(ビタミン注射)

日頃不足しがちなビタミンを短時間に補給できるビタミン注射(通称にんにく注射)です。にんにくには、筋肉疲労物質である乳酸の代謝を助けるビタミンB1が多く含まれることから、ビタミンB1を含む注射を通称にんにく注射といいます。実際にはにんにくをすりつぶして作るのではなく、疲労回復・美白・感染予防効果などのある多種類のビタミンB群、ビタミンCを混合した注射です。

最近では、野球選手・オリンピック柔道選手・力士(横綱)・芸能人(歌手)などが利用していることで広く知らています。院長らは防衛省時代に空自パイロットの疲労回復に関する研究からノウハウを得てきましたが、開業後この1年間はさらに多くのビタミン製剤を取捨選択して、絶えず改良・パワーアップを行ってまいりました。その結果を厳選3コースに凝縮改定いたしました。料金は、利用し易いように低く抑えていますが、注射内容に妥協はありません!その日の体調により選んで下さい。

なお、消化管からのビタミン類の吸収効率は10〜30%程度。口から飲んでもサプリメントやドリンク剤のビタミンは大部分が尿として素通りしてしまいます。たとえ一度に多量に飲んでも吸収出来る量が限られています。ところが注射では、決めた量が確実に補充出来るため、短時間に効率良くビタミンを体内に取り込む事が可能です。
にんにく注射イメージ


空自パイロットイメージ

【料金表:2019年12月から適用。ビタミン注射は初診料かかりません】
注射・点滴はすべて来院されてから調剤しますので混雑時には準備してお呼びするまでに注射で15分から25分、点滴で20分から30分くらいかかる場合があります。お時間に余裕を持ってお越し下さい。
注射名 内容・所要時間 効果持続 料金
NEW
アスリート・ビタミン注射
日頃サプリメント補充を行なっている運動選手・アスリート向けに、乳酸代謝促進と筋肉疲労の回復に特化した注射。運動後、筋疲労が軽度蓄積した時に。

約24時間 2100円
ビタミン注射 日常不足するビタミンB群、Cを急速補充し、さらに筋肉疲労が激しい方、食事が不規則な方にも対応出来るように長時間作用型ビタミンB1を増量しています
約36時間
個人差あり
2600円
肝ビタ注射 倦怠感・疲労感の強い方、これから飲み会の方に。肝細胞保護・強化剤とビタミンB・C群の混合注射クイックチャージ出来ます。
約24時間 3600円
【注射のタイミング】
注射は、疲労がたまったときいつでも可能です。定期で行なう場合は週2回程度からがおすすめです。
注射を始めるとすぐにビタミンの臭いが口の中に漂ってきます。当院では当初、気になる方のために臭いを軽減する工夫を行なっていましたが、新たなビタミン類を改良追加したため、臭いはやや強くなりました。しかし周りの人には匂いませんので(ギョーザとは違います!)ご安心下さい。


このページのトップへ



プラセンタ・ビタミン療法

【プラセンタとは】
プラセンタは、健康な日本人女性の、出産後の胎盤から抽出されたエキス製剤で、様々な細胞増殖因子、免疫物質を含みます。その美白効果、老化防止効果は多くの女性の知るところです。健康保険では更年期障害、慢性肝疾患などに対して限られた用量・用法でしか使用出来ません。

【有効性の確認】
プラセンタの成分分析から、主なはたらきを下表にまとめました。文献検索により、プラセンタの作用は人体の弱い(損傷を受けているけている)部分・臓器から順に修復することがわかりました。効果に差が出る要因の一つと考えて良いでしょう。

【当院の投与方法】
当クリニックでは、純度の優れたプラセンタ製剤を一定の条件下でビタミン類と混合して注射・点滴することにより、疲労回復・美白・抗老化・更年期症候群防止など特定の目的に対して高い相乗効果を生み出す工夫をしています。もちろん従来のように1A〜2Aずつの皮下注射も可能です。

【効く?効かない?】
これまでプラセンタが高い・効かないと思われていた方、内科医が行なうプラセンタ療法をお試しください。現在スキンクリニック等でプラセンタ皮下注射を行なっている方は併用することも可能です。継続することで増幅効果が期待出来ます。
プランセンタビタミンイメージ

【プラセンタのおもな成分とはたらき】
おもな成分 はたらき
線維芽細胞増殖因子(FGF) 線維芽細胞、グリア細胞、血管内皮細胞の増殖を誘導
上皮細胞増殖因子(EGF) 皮膚、角膜、肺,気管支上皮細胞の増殖を誘導
肝細胞増殖因子(HGF) 肝臓、消化管、内臓を構成する細胞の修復・増殖を誘導
神経細胞増殖因子(NGF) 神経細胞(知覚・自律神経など)の増殖
形質転換増殖因子(TGF) 例えば年をとった細胞を若くて細胞分裂が出来る細胞に変える
インシュリン様成長因子(IGF) 平滑筋や軟骨細胞の増殖促進
コロニー形成刺激因子(CSF) 免疫細胞の増殖、抗体産生細胞への分化促進など免疫力向上
インターロイキン1〜4(IL1〜4)
チロシナーゼインヒビター メラニンの増加を抑制


【プラセンタ注射の効果】
文献検索の結果、医学系雑誌に報告された効果・効能のみを記載します。
血行・代謝促進 血行改善作用があり、血行障害による冷感・腰痛・肩こりの改善
皮膚状態の改善 コラーゲン産生が促進されシワの改善、メラニン抑制によりシミの減少
アレルギー体質の改善 抗アレルギー作用によりアトピー性皮膚炎・花粉症の改善
創傷治癒促進 EGFの作用により日焼け・熱傷・けがなどの治癒を促進
肝機能強化・肝炎改善 健康人では肝機能強化、慢性肝炎患者では肝細胞の再生促進
自律神経系の調節 不眠・動悸・疲労感など自律神経症状の改善
内分泌系の調節 乳汁分泌不全・高プロラクチン血症・生理痛・月経困難症の改善
蛋白同化作用 筋重量・栄養状態の改善 (BCAA療法と併用で:後述)
乳腺発育促進 乳汁分泌不全の改善・バストアップ効果
疲労改善・熟眠 疲労を起こしにくくする、睡眠改善効果
更年期障害の改善 抗老化・内分泌調節効果により更年期障害を改善
頭髪発毛・育毛効果 男性・女性ともに効果あり


【料金表:2019年12月から適用。初診料不要】
注射はすべて来院されてから調剤しますので混雑時には準備してお呼びするまでに30分くらいかかる場合があります。お時間に余裕を持ってお越し下さい。
注射・点滴名 内容・所要時間 料金
プラセンタ皮下注射
1回に1Aから2Aを皮下注射します。睡眠不足でストレスが蓄積した時などに。所要時間2-3分。オシリ、二の腕、お腹などに皮下注射します。継続すると抗老化・美白・美肌効果が期待できます。効果を早めたい方は1回2Aずつの皮下注射がお得です。 1A 1500円

2A 2500円


プラセンタ・ビタミン注射
プラセンタの効果を十分引き出し、疲労回復効果のあるビタミン類との混合注射です。時間の無い方におすすめです。皮下注射ほど痛くありません。
高純度プラセンタ2Aが含まれます。
3700円
【ご注意】
プラセンタの効果発現には個人差があります。一般に注射回数、用量が多いほど(上限あり)効果は確実となります。始めの1〜2週間は連日もしくは隔日の皮下注射もしくはプラ・ビタ注射に加えて週1〜2回程度プラ・ビタ点滴を組み合わせる方法を推奨します。2ヶ月間を1クールとして有効性を評価します。効果が上がってきたら間隔をあけて継続します。
日本国内で使われるプラセンタには輸入を含め数種類があります。価格も純度も様々です。当院で使用するプラセンタは、B型・C型肝炎やHIV感染等が無く、海外渡航歴も無い健康な日本人女性の出産後の胎盤から作られた国産の生物学的製剤です。十分な加熱殺菌処理がなされ、高い安全性を誇ります。不純物を一切含まないため、一定の条件下で注射・点滴でも使用可能です。このため価格はやや高めです。
【法律により】
これまでプラセンタ注射で感染などが起きた報告はありません。しかしながら狂牛病騒ぎの影響で、平成18年10月より一律にプラセンタ注射など生物学的製剤の注射を受けた人は、イギリスでハンバーガーを食べた人と同じく献血ができない事になりました。(手術などの時に輸血を受けることは当然可能です)。

このページのトップへ


高濃度ビタミンC点滴

【こんな治療法です】
ビタミンCには抗酸化作用があり、体内では肝斑・シミを薄くすることから美白とアンチエイジング効果があることで知られています。そのビタミンCを、内服では決して得られない高濃度に上げて維持することで、高い治療効果を引き出すことが可能な点滴療法です。
当院では内科学、薬理学的に検証した効果に基づいて実施しています。

【高濃度とは】
厳密な定義はありませんが、10g(10000mg)以上を静脈投与する場合を高濃度、25g〜50g以上を超高濃度と表現されています。
通常、保険診療の点滴では1日0.1gから多くても1g位しか使われません。

【超高濃度には】
超高濃度ビタミンCには、抗がん作用のあることが近年のアメリカNIH(米国国立衛生研究所、NCI(米国国立がん研究所)、FDA(米国食品医薬品局)の研究報告(PNAS Volume102:13604-13609 Sept. 20,2005)で明らかとなり、単独もしくは抗がん剤との併用治療が本国アメリカのほか日本・カナダ・ヨーロッパでも多施設で行なわれています。当院では予約制で行っています。
高濃度ビタミンC点滴

【高濃度ビタミンC点滴の効果】
■美白作用 メラニン合成をおさえて黒色メラニンを白色化してシミ・肝斑を消します。
■活性酸素除去 シワ・シミ・にきびの原因となる活性酸素自体を除去します。
■コラーゲン産生促進 線維芽細胞を活性化して肌のハリ・弾力性を改善します。
■天然保湿因子増加 アミノ酸から保湿因子合成を促進します。
■免疫能力向上 リンパ球の働きを高め、インターロイキン産生を促進します。
■疲労回復 抗酸化作用により疲労回復を早めます。
■発癌の予防 癌の超早期治療法として注目されています。当院の本来の目標です。

【こんな方におすすめです】
肌のシミ・色素沈着が気になる 肌のハリ・シワ・カサカサが気になる
にきびが治りにくい かぜやインフルエンザを予防したい
慢性疲労(マイヤーズ点滴が効かない) 発ガンの確率を下げたい

【このような方はこの点滴を受けることが出来ません】
うっ血性心不全で治療中のかた 腹水のあるかた
腎不全で透析中のかた 脱水のあるかた
G6PD欠損症のかた(25g以上の点滴) 発熱しているかた
溶血性貧血のあるかた 浮腫のあるかた


【高濃度点滴専用のビタミンCを使用します】
高濃度ビタミンC点滴イメージ 国内で製造されているビタミンCは、長期保存出来るようにすべて防腐剤とナトリウムが多く添加されています。高濃度点滴では非常に大量のビタミンCを使いますので、防腐剤が添加されていない専用の製剤を国際クール便で輸入して使用いたします。これらの製剤は超高濃度ビタミンC点滴として癌治療にも使用されている製品です。防腐剤を使用していないため製造後使用可能期間が限られ、厳密な温度管理・清潔管理が必要です。このため輸入価格は非常に高価です。さらに最近の円安で価格が高騰しています。
【ご注意下さい!】
まれにホームページで、防腐剤入りの国産ビタミンC製剤を使用して安価で高濃度点滴を行なっている施設をみかけますが、国産品は効果と副作用の点で不向きであると、国内製造メーカー自身も表明しています。
初めは抗老化・美白点滴として 経口で大量にビタミンを摂取しても、血液中の濃度は一定以上には上がらないよう吸収は厳密にコントロールされています。そのためサプリとして飲んでも満足ゆく結果が得られない方が多数です。高濃度点滴ではビタミンCを直接静脈内に投与するため、血液中濃度を飛躍的に高める事が可能です。ビタミンCの本来持つ抗酸化作用を体内組織の隅々まで浸透させることが抗老化・美白治療の第1歩です。シミ治療には皮膚科のピーリングと併用すると一層効果的です。
初回は15gから 初回は1回15gの点滴からスタートします。血管が敏感なかた、副作用が出ないかなど観察しながら30分以上かけてゆっくり点滴します。脱水があるとまれに副作用が出ますので食事・水分は十分取ってからお越し下さい。
15gで効果が体感出来れば以後は1回15g〜25gずつ、週1〜2回から2週に1回のペースで点滴します。3ヶ月目からは月1回程度で維持します。より効果を高めたい方は2回目から20gまたは25gずつ点滴します。

かぜ、インフルエンザの予防効果は1回の点滴で約1週間持続します。
悪性リンパ腫・発ガン予防・癌手術後再発予防には1回25gを月1〜数回で続けます。

【料金表:初診料3000〜5000円がかかります】2020年1月改定
注射・点滴はすべて来院されてから調剤しますので混雑時には準備してお呼びするまで30分くらいかかる場合があります。お時間に余裕を持ってお越し下さい。
点滴名 内容・所要時間 料金
 高濃度初診料  高濃度点滴方法説明等初回のみ 3000円 
高濃度ビタミンC点滴 15g
初回の方は15gから。
点滴時間:約45分
食事を取ってからお越し下さい。飲み物、本などご持参下さい。
     

25gまで均一料金です
9500円


高濃度ビタミンC点滴 20g ビタミンCの効果をより高めたい方は2回目から
20〜25g点滴が可能です。
点滴時間:約1時間以上
点滴直前に激しい運動はしないでご来院ください。
高濃度ビタミンC点滴 25g
高濃度ビタミンC点滴経験者のかた
点滴時間:約1〜1.5時間以上
食事を取ってからお越し下さい。飲み物、本などご持参下さい。
抗がん治療
超高濃度ビタミンC点滴
これまで癌治療施設等からの紹介患者様のみ実施していましたが、2012年8月より希望される方(上記:受けられない方以外)の受付を開始いたします。
抗がん治療目的です。現在受けている抗がん剤との併用も可能です。最適な有効血中濃度が得られるように25g、50g、75g、100g〜と濃度を上げて行きます。
初回のみ初診・相談料5000円、途中G6PD測定(経過中1回のみ、別途15000円)、血中ビタミンC濃度測定2〜5回(1回5000円)がかかります。基本は週2回、3ヶ月間を1クールとして効果を判断します。
初診料:5000円
 25g:9500円
 50g:15700円
 75g::23500円

G6PD測定1回15000円
血中ビタミンC濃度測定1回5000円
【ご注意
輸入製品のため、院内在庫切れの場合、入荷までお待ちいただくことがございます。

高濃度ビタミンCの効果発現・持続にも個人差があります。一般的に喫煙者、アトピー体質の方は効果が弱まることがあります。
都内高濃度ビタミンC点滴実施施設より安い料金で提供出来るのは、最大限の経営努力によるものであり、一般診療の患者様と同じ待合室・処置室等を使用いたします。このため混雑時には30分以上の待ち時間を頂く場合があります。御了承下さい。
このページのトップへ



グルタチオン点滴療法

■パーキンソン病・多発性硬化症に対する治療法です
グルタチオン点滴療法
イタリアのSassari大学の研究チームが、パーキンソン病の患者さんは脳内のグルタチオン濃度が低下しているため、患者さんにグルタチオンを点滴したところ症状が著しく改善したことから始まった治療法です。現在、南フロリダ大学などで臨床試験が進められていますが、日本では、パーキンソン病に対する治療は内服薬を使って、神経伝達物質ドーパミンを補う方法のみが健康保険の適用となっています。しかし内服だけでは進行を止めることは難しく、難病に指定されています。
当院では、グルタチオンは還元剤として慢性肝疾患の治療(保険適応あり)に使用しておりましたが、近年増加するパーキンソン病、多発性硬化症の患者様の症状、QOL(生活の質)の改善、進行の抑制を目的としてグルタチオン点滴療法を開始いたしました。海外でも研究が始まったばかりの治療法であるため、国内脳神経関連学会でもまだ認知されておらず、当然ながら健康保険の適用は受けられないため、自費診療として行ないます。

■きめられたプロトコル(手順書)に基づいて実施します
通常は週2回の点滴から開始します。1回の点滴時間は約20分程度です。1ヶ月間継続して効果判定を行ないます。これまで国内の成績では有効率は約60%です。効果が確認されたら次の1ヶ月は週2回、3ヶ月目からは週1回程度の間隔で治療を継続します。効果が弱い場合は薬を増量します。
この点滴により、パーキンソン病の症状のうち筋硬直、手足の振戦、うつ状態などが改善します。内服薬は継続して下さい。多発性硬化症では進行を遅らせると考えられています。
副作用としては、まれに短時間の頭痛、嘔気などがありますが、ほとんどは一過性で、自然に消失します。


【料金表:初回のみ初診料3000円かかります。】2020年1月改定
点滴名 内容・所要時間 料金
 グルタチオン初診料  点滴法説明・用量決定 3000円 
グルタチオン点滴 初めの1ヶ月は週2回。
所要時間約30分
11000円

このページのトップへ


Copyright(c) 小林内科クリニック. All rights reserved